教育プログラム

専門・認定看護師

当院には多くの専門・認定看護師が在籍し、チーム医療をはじめ看護師の教育やコンサルティングなど、幅広いフィールドで活動しています。

領域と人数

  • 救急看護認定看護師     3名
  • がん性疼痛看護認定看護師  2名
  • がん化学療法看護認定看護師 1名
  • 緩和ケア認定看護師     1名 
  • 感染管理認定看護師     1名
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師  1名
  • 手術看護認定看護師     1名
  • 糖尿病看護認定看護師    1名

資格取得のための支援制度

様々な資格取得を目指す人達を積極的に支援し、資格取得をサポートできるキャリアアップ支援制度があります。資格取得に必要な教育機関の学費や受講中の給与の支給があり、経済面でもバックアップしています。看護のスペシャリストとして医療法人東和会が担う医療を共に実践し、充実したサービスを提供できる環境を整備していけるように先進的キャリアアップ体制をサポートします。

  • 子育て支援
  • 介護支援
  • メンタル支援
  • 認定看護師などのキャリアアップ支援
  • 奨学金制度による准看護師・看護師進学支援 

先輩看護師メッセージ

【がん化学療法看護認定看護師】北岡 由里子

がんの治療には、手術療法・薬物療法・放射線療法があります。がん薬物療法は全身に対する治療であり、患者様を全人的にとらえて援助していくことが大切になります。がん化学療法看護認定看護師は、患者様が自分の力で薬物療法に参加していけるように、セルフケア支援や精神的・社会的なサポートを行っています。医療の進歩に伴い、色々な薬剤がどんどん開発され、今までになかったような副作用も出るようになっており、患者様へのサポートがますます重要になってきます。当院の外来化学療法室でも、患者様が「安全・安心・安楽に治療を受けられる」ために、様々な職種のスタッフがみんなで協力しながら患者様をサポートしています。

【皮膚・排泄ケア認定看護師】井上 麻美

褥瘡(床ずれ)やキズなどの創傷、人工肛門・人工膀胱(ストーマ)および失禁などの排泄に関わる分野を専門としています。
入院中は患者様・家族様によりよい看護を提供できるよう、医師・リハビリ科・栄養科など他部門と連携を取り、予防・改善に取り組んでいます。
入院中だけでなく、退院されたあとや社会復帰されたあとなどに、困った事があれば相談窓口となり支援させていただいています。患者様がその人らしく生活できることを目標とし、患者様・家族様に寄り添ったケアが行えるよう努めています。

【がん性疼痛看護認定看護師】大西 みゆき

今の時代、2人ひとりはがんになる時代です。医療、看護も進んでいますが、がんになると患者様はもちろん、患者様を支える家族様も多くの身体面、社会面、精神面、全人的に多くの心配事、痛みの存在があります。そこで私達認定看護師が、他職種と連携、協働しながら患者様、家族様の抱える不安や苦痛を最小限にしながら、希望される日々の生活を提供出来るように努めて居ます。特にがん性疼痛分野においてはがんからの身体的な痛みの緩和を患者様と相談しながら、主治医、緩和ケアチーム、病棟と共にサポートしています。現在2名のがん性疼痛看護認定看護師が在籍しています。互いに日々自己研鑽を行いこれから進んでいきます。

【がん性疼痛看護認定看護師】池島 佑美

看護師として働きながら、がん患者さんと接する機会が多くあります。日々の関わりの中で自分の限界を感じる事も多く、もっと色々な知識や技術などがあれば。と思う事も度々ありました。患者さんは色々な部分で苦痛を持っておられます。その苦痛のなかでも、「がんの痛み」という部分で、先生と協働しながら関わらせてもらっています。

【緩和ケア認定看護師】吉永 浩子

生命を脅かされる疾患に直面した瞬間から、患者様、御家族の心は大きく揺れ動きます。家族も巻き込むような大きな病気を経験したとき、今まであった生活が一瞬にして変更されてしまいます。
身体・社会・精神的な苦痛(つらさ)に焦点を当て、いつでも、どこでも、どんな事でも患者様、御家族の生活・生命の質を高め“その人らしく”を支えるために、多職種で連携をとりながら切れ目のないケアを提供し関わり続けます。

【救急看護認定看護師】古井 哲裕

救急看護の領域は、事故や急病により危機的な状況の患者様や家族が対象です。限られた時間の中で情報を得てアセスメントしケアしていくことが求められます。これだけ読むと“難しそう”とか“怖そう”“新卒の私では無理ではないか“と思っていませんか?でも、安心してください。
私自身新卒から救急領域で働いています。動機はテレビのイメージや憧れだけだったと思います。新人の頃は大変な時もありましたが、先輩達に支えられながら気が付くと11年たっていました。少しずつ学びを深める中で、専門的に学びたいと考え認定看護師にもなりました。楽しい事ばかりではありませんが、一緒に救急看護の面白さや遣り甲斐を感じてみませんか?

【手術看護認定看護師】玉木 裕二

手術を受けられる1人1人の患者を、術中だけでなく、術前・術後をふまえた周術期をとおして、安全に、安心して、周術期を過ごせるように心がけています。
手術は、術中看護を担う手術室スタッフをはじめ、術前・術後に携わる外来看護師・病棟看護師や他部署、他職種が協働して行うチーム医療です。それぞれのスタッフが連携・協力し、チームで質の高いケアが提供できるように、認定看護師とし各職種が専門性を発揮できるように活動しています。
手術という特殊な環境にある患者に寄り添い、全力でサポートします。

【糖尿病看護認定看護師】中村 一乃

糖尿病は自覚がないため、治療せず放置している患者が多いのが現状です。身体の異変に気付いた時には人工透析や足切断など重篤な状況になることが少なくありません。糖尿病合併症は全身に影響を及ぼすため、日頃より良好な血糖コントロールが必要となります。そのため、専門的な知識や技術を用いて精神的、身体的、社会的の三側面から糖尿病患者をサポートし、生活者としてその人に合った療養指導を行っています。また、患者が正しい知識を持ち、療養生活を継続できるよう、セルフケアを高めることができるように努めています。そのため、これまでのフットケア外来や糖尿病教室を受け継いで、糖尿病専門医や管理栄養士、理学療法士と連携した活動をしています。

【感染管理認定看護師】吉野 正治

私の役割は、病院や関連施設での感染制御です。 主な役割は
1)目には見えない病原微生物を患者さまに伝播させないよう、根拠に基づいた感染対策を根気よく説明する。 2)薬剤耐性菌が増えないよう抗菌薬の使用状況を監視する。
3)麻疹・風疹・インフルエンザなど流行する感染症に対するワクチン接種や感染防止策を保健所や地域の病院の感染対策チームと連携して行う。

感染対策の基本は手指衛生です。あなたの大切な人が入院した時、どのような手で接して欲しいですか?実習中の皆さんの手が微生物を伝播させないように正しい手指衛生の知識と技術を身につけて下さい。

【救急看護認定看護師】三宅 達司

救急看護認定看護師として、ICU/HCUという集中治療領域で勤務しています。集中治療とは?と考えると、緊急度や重症度が高い患者様を思い浮かぶと思います。そして、難しい治療や疾患などの勉強をしなくてはいけないと思うかもしれません。確かに、緊急度や重症度が高い患者様・家族様と関わる時は知識や看護技術が必要な時があるかもしれませんが、私は「患者様・家族様にできるケアは何があるのか?」という思いが重要であると考えています。 集中治療領域における身体的・社会的・精神的な患者・家族へのケアを専門的知識と技術を使い、病棟スタッフへ認定看護師としての役割である指導・教育・相談を行っています。またリハビリテーションなど他職種連携を行い、チーム医療にも力を入れています。看護師として、「患者様・家族様へできるケアは何か?」を一緒に考えて、実践していきませんか?